中小企業診断士

【中小企業診断士】独学合格するための学習スケジュールの作成法

 

診断士試験の受験者「独学で挑戦することに決めたけど、何時間くらい学習すれば合格できるのかな?やみくもに勉強してもダメそうだけど、どうやってスケジュールを組めばいいんだろ?具体的な学習の進め方が知りたいな…。」

 

このような疑問に答えます。

 

 

本記事の内容

・目標学習時間を設定しよう

・試験日までのスケジュール表を作成

・スケジュールに沿って勉強を始めよう

 

この記事を書く私は、中小企業診断士試験を独学・ストレートで合格。

勉強期間は約1年であり、時間は1400時間ほど。1次試験は455点、2次試験はAAAA(270点)で合格しました。

 

実際に私がスケジュールを立てた時の、手順通りに解説していきます。

 

目標学習時間を設定しよう

 

合格者の平均的な学習時間は何時間でしょうか?

まず、そこを確認しましょう。

 

平均的な学習時間は1000~1300時間

統計データや予備校の資料から、1000~1300時間が合格者の平均的な学習時間と言えます。

 

これはあくまで平均ですので、既に身に着けている知識によって、必要な学習時間には差が出ます。例えば、1次試験に得意科目があれば学習時間はより少なくて済むこともあるでしょう。

また、合格まで多年度を要した場合には、もっと時間がかかることもあります。

人によって差はあれど、まずは1000~1300という時間を頭に入れてください。

 

自分の学習時間を決めてみよう

先ほどの平均的な学習時間を参考に、自身の目標とする学習時間を決めましょう。

まずは、仮決めなのであまり深く考えなくていいです。

「勉強に自身がないから、1300時間にしとこう」とか「1次試験に得意科目もあるし、1000時間かな」という感じ。

決めたら次のステップに進みます。

 

1日や週単位の学習時間を計算

仮に、1300時間に決めたとします。

合格まで1300時間といっても、たくさん勉強しなきゃ、ということ以外にイメージが湧かないですよね?

そのため、この1300時間を合格までの日数で割ってみましょう。合格まで仮に1年365日としたら

 

1300÷365≒3時間30

 

1日の平均として3時間30分程度の勉強が必要だということです。

 

1日に3時間30分も勉強できないよ…。という声が聞こえてきそうです。

では、1週間ではどうでしょうか?

 

3時間30分×7=24時間30分 

 

1週間で24時間30分の勉強が必要ですが、土日で10時間の勉強時間が確保できれば、平日は少なくて済みます。

計算式は省略しますが、平日は2時間30分ほどでしょうか。

 

移動時間や昼休みを活用すれば、2時間30分くらいならなんとかなるかも、と思った方もいるでしょう。

 

どうしても、この勉強時間は無理そう…という方は、1300時間を減らして調節してみてください。

 

最初に無理なスケジュールを組んでしまって、途中で挫折しても意味がないので、自分に合った勉強時間の設定をおすすめします。

 

 

試験日までのスケジュール表を作成

 

自分の目標とする勉強時間は決まりましたか?

次は以下の手順で実際にスケジュール表を作成しましょう。

 

・手順①:スケジュール表のダウンロード

・手順②:スケジュール表に各種イベントを記入

・手順③:月ごとに目標とする勉強時間を記入

 

手順①:スケジュール表のダウンロード

 

まずは、スケジュール表のテンプレートをネットからダウンロード。

excel 年間 カレンダー とかのキーワードで検索すればいろいろ出てきます。日付と曜日があり、イベントや学習記録を記入する余白があれば十分です。

 

次に、エクセルソフトで少し加工。A3サイズで6カ月分が表示されるよう拡大調整して、両面印刷の設定にすれば、1年分のスケジュールがA3用紙で作れます。

 

下のようなイメージです。

これは私が実際に使用してたものです。

1日に勉強した内容や勉強時間が書いてありますね。あらためて見ると字が汚い…。けどこうして見ると、懐かしい...。

 

ところで、スケジュール表の説明のなかで、ある疑問を持ちませんでしたか?

 

「excelのテンプレートを使うなら、印刷する必要あるの?」

 

そうなんです。別に印刷しなくてもスケジュール管理するだけなら、excelで使用することもできます。

だけど、私は以下の理由で紙ベースで管理していました。

 

理由①スケジュール全体が一目で把握しやすいこと

理由②勉強した記録を手で記入していくことで、達成感や自身につながるから

 

理由①は見やすさの問題です。PC上だと画面の大きさの問題があり、全体表示が難しいです。

 

理由②のほうが重要です。1日1日の実績を記録して埋めていったスケジュール表を見ると、勉強してきた達成感が生まれ、勉強を続けるモチベーション維持にも効果的。

また、これだけ勉強してきたんだ、という自信にもつながります。

手書きの記録の方が、こういった効果が強いです。

 

手順②:スケジュール表に各種イベントを記入

次は、印刷したスケジュール表に各種イベントを記入していきます。イベントとは具体的には下記のようなものです。

 

・イベント①:1次試験日・2次試験日

・イベント②:受ける場合は模試の日

・イベント③:丸1日勉強ができない日(旅行等)

 

イベント①は説明不要でしょう。その日を目標にして学習を進めるのですから。

スケジュール作成時点で、正確な日程が発表されていない場合は、前年の試験日程から予測して記入します。

 

イベント②は試験本番に次ぐ、重要なイベントである模試の日です。実力を把握し、以降の学習ペースを再考するために、1次試験の模試は最低1回は受けましょう。

 

イベント③は、今分かっているイベントを記入しておくことで、勉強できない日を事前に把握するためのものです。勉強できない日がある場合、別の日で勉強時間をカバーして、勉強ペースを維持しましょう。

ちなみに、私の仕事は土日休みでした。とはいえ、土日とも勉強するのではなく、片方の日はなるべく家族との時間を過ごすようにしました。

上記の画像のように、勉強しないと決めた日は斜線を書いて、他の日に少し多めに学習してカバーし、勉強ペースを維持しました。

 

手順③:月ごとに目標とする勉強時間を記入

最後に、月ごとに目標とする勉強時間を記入して作成は完了です。

 

合格までに目標とする学習時間を設定したときに、1日単位の時間も計算しましたね。その計算した時間に各月の日数を掛ければ、月ごとに目標とする勉強時間が計算できます。

 

毎月の学習内容を振り返るときに、この目標時間と実際の学習時間を比べて、計画通りのペースで学習が進んでいるかを把握します。

 

もし、目標通りの学習時間が確保できていなければ、原因を分析して改善します。

 

学習スケジュールを作成する意義が、この振り返りと改善であるため、重要な作業です。

 

余談ですが、私は月ごとの学習時間が目標を下回っていることを「借金」。目標を上回っていることを「貯金」と呼んでいました。

当たり前ですが、なるべく借金しないようにして、少しでも貯金ができるようにすることが大切です。

 

貯金があると心理的な余裕ができます。例えば10時間貯金があれば、3日間勉強しなかったとしても、その貯金を使うことで学習ペースが保てます。

 

受験期間は長期となる資格であるため、途中で何が起こるか分かりません。例えば病気になって勉強できない日が続くかもしれません。

 

そういうことを考えると、貯金があることの心理的な余裕は大きいものです。

 

スケジュールに沿って勉強を始めよう

スケジュール表を作成したら、勉強を始めましょう。

 

「えっ?勉強時間をを決めただけで、いつまでに何を勉強するかは決めなくていいの?」

という疑問がありますよね。

 

ただ、今後の学習の進み度合いによって、残りの期間で何を勉強するかは変わっていきます。なので、最初はざっくりと以下の2点だけ確認して勉強をスタートしましょう。

 

1.学習内容をおおまかに3つの時期で分ける

2.1次試験の勉強は大手予備校の順番通りに進める

 

1.学習内容をおおまかに3つの時期で分ける

2次試験本番までの勉強期間を大きく3つに分けます。

 

・【1次試験】インプット学習期間(勉強開始~3月くらいまで)

・【1次試験】過去問学習期間(4月くらい~1次試験本番まで)

・2次試験学習期間(1次試験直後~2次試験本番まで)

 

1年の勉強期間の場合、だいたい上記のスケジュールとなります。

 

2.1次試験の勉強は大手予備校の順番通り進める

最大手予備校のTACの場合、1次試験は下記の順番で学習が進みます。

 

①企業経営理論

②財務・会計

③運営管理

④経済学・経済政策

⑤経営情報システム

⑥経営法務

⑦中小企業経営・中小企業政策

 

TACの新年度版のテキストもこの順番で発売されます。

 

企業経営理論や財務・会計、運営管理といった2次試験に関連が深い科目については前半に学習。経営情報システム以下、いわゆる暗記3科目については、記憶が残るように後半に学習する順番になっています。

 

1次試験の学習はこの順番で問題ありません。

 

この順番で学習を進めながら、最低でも1月毎には進捗状況の振り返りをして、学習ペースを確認します。

今の進捗状況では3月中に7科目の学習は終わらないな、と感じたら、学習方法を見直す等の対策が必要となります。

 

以上で学習スケジュールに関する記事は終了です。

計画に沿って学習して、合格を勝ち取って下さい。

参考になれば、幸いです。

-中小企業診断士
-,

Copyright© TCFコンサルティング , 2020 All Rights Reserved.